60日という短期間で日常英会話を身につける実践的な英会話学習教材

 

 

大人向け英会話教材

 

海外の大学へ留学するための英語力

 

海外の大学へ留学するということは、英語を勉強するのではなく専門知識を身につけるために行くということです。

 

英語は出来て当たり前だという事をお忘れなく。

 

海外特に英語圏の大学に留学したい場合もちろん英語力が必須です。

 

大学に入学するためには日本のようにそれぞれの学校の入試試験を受けるのではなく、高校の成績が重視されます。

 

そしてアメリカやカナダではTOEFL、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドではIELTSのスコアが必要になります。

 

英語の授業を受けて英語でレポートを提出しなければいけないのでかなり高いスコアが要求されます。

 

そのため日本人はまず語学学校に入って基礎英語力を勉強する人がほとんどです。

 

また日本にいる時から出来るだけ英語にふれ、英語に慣れておくことはいうまでもありません。今はたくさんの優れた英語の教材が出ています。

 

そういう英語の教材を使って出来るだけ毎日英語に触れておくことで、現地に行ったとき生活するのに困らないと思います。

 

大学留学は英語を勉強するところではなく、専門知識を身につけるところです。
 
英語は出来て当たり前だという事をお忘れなく。

 

またイギリス、オーストラリア、ニュージーランドでは一定レベルの英語を習得してもすぐに大学には入れません。

 

大学入学前に留学生はファウンデーションコースなどの大学準備コースを取る必要があります。これは自分が専攻しようと思う専攻科目の基礎知識を勉強したり、一般教養のようなものを学ぶ大学進学準備コースです。

 

期間は専攻科目、大学にもよって変わりますがだいたい9ヵ月から1年間が一般的です。

 

アメリカやカナダの場合はこのファンデーションコースはないので、英語力と高校の成績で大学に入学する事が出来ますが、留学生は英語力の問題でまず英語力が比較的低くても入れる2年制の大学に入って勉強した後4年制の大学に編入する人が多いようです。

 

 

 

最近ねらい目なのがアジアの大学

 

とにかく費用が安くすむ、入学時の英語力の基準が低いなど日本人にかなりおすすめです。

 

特にマレーシアは共通語が英語で英語圏の大学と提携しているところが多く、最初の数年をマレーシアで勉強して最後の1,2年は欧米やオーストラリアへ行ってそこで卒業出来るシステムがあります。

 

 

海外の大学となると選択肢が多すぎて迷うところです。

 

自分はいったい何を学びたいのか。将来それを使って何をしたいのかをしっかり考え大学選び、専攻選びをして下さい!

 

 

 

 

海外,大学