60日という短期間で日常英会話を身につける実践的な英会話学習教材

 

 

大人向け英会話教材

 

オーストラリア留学なら高校卒業とIGCSEについて

 

オーストラリアの教育水準は高く、教育制度がイギリスと同じオーストラリアの大学へ留学する場合、日本から留学するにはとにかく英語力を伸ばすのが最優先です。

 

そして高校を卒業した後は学部によってはファウンデーションコースに通う必要があります。

 

オーストラリアの英語の試験はIELTS(アイエルツ)で、ジェネラルコースとアカデミックコースの2種類があります。大学へ入る場合はアカデミックコースを受ける必要があります。

 

一般的に大学進学準備コースのファウンデーションコースはIELTS5.0、専門学校もIELTS5.0、大学入学はIELTS6.0が入学基準となります。

 

ただうちの娘はインターナショナルスクールでIGCSEを受けたのでこのIELTSは求められませんでした。

 

日本の高校を卒業しオーストラリアの大学へ留学する方法

 

@語学学校でIELTS5.0以上を取る ⇒ ファンデーションコース ⇒ 大学1年生

 

A語学学校でIELTS6.0以上を取る ⇒ 大学1年生 (学部によってはファンデーションコースが必須のところがあります。)

 

B語学学校 ⇒ IELTS取得後にEAPコース ⇒ 提携大学1年生

 

C語学学校 ⇒ 大学付属専門学校1年間⇒ 大学2年生に編入 (成績による)

 

と大きく分けて4パターンがあります。

 

いずれにしろまずは語学学校へ行って英語力をつけることが必要です。
 
IELTSは日本でも勉強できるので、
 
日本にいる間から英語の教材を使って少しずつ準備をしておくことも大切です。

 

 

イギリス系のインターナショナルスクールへ通った場合

 

南国育ちの娘は中学まで中国語の学校へ通い高校2年間イギリス系のインターナショナルスクールへ行きました。そこでIGCSEを受験して海外留学をすることに決めました。

 

IGCSEはイギリスの義務教育終了試験

でイギリスではGCSEと呼ばれ、これを海外で受ける場合はinternationalの「I」が付いてIGCSEと呼ばれます。

 

この試験は学校に通っていなくてもお金を払えば誰でも受けられる試験のようで、娘の友達は自分で勉強すると決めて途中で学校をやめ、British Councilで試験を申し込んで受けていました。

 

IGCSEで受けられる科目は70科目以上あり、最低5科目から最高14科目まで受けることが出来ます。

 

IGCSEのために勉強する教科は学校によって変わる

ので、インターナショナルスクールへ行く場合最初にどの教科を教えているのかを確認する必要があります。

 

このIGCSEで全員が取らなければいけない必須科目が英語、数学そして物理、化学、生物。
これにプラスしてコンピューター、英文学、現代外国語、音楽、デザイン&テクノロジー、アートなどから選択して受けることが出来ます。

 

IGCSEの結果は下記のように表されます。

 

 

  • A*: 90%以上
  • A: 80%以上
  • B: 70-79%
  • C: 60-69%
  • D: 50-59%
  • E: 40-49%

 

 

 

大学へ進学したい場合IGCSEの結果が6科目以上でC以上(60%以上の点数)を取る必要があります

。そしてIGCSEで6以上のCが取れた場合、その後の進路を決定します。またCが6以上取れなかった場合年に2回行われる試験を何度でも受けることが出来ます。

 

大学進学の場合はここから複数の選択肢が選べます。

 

  • IBコース:世界中の多くの大学で認めている試験。
  • Aレベル:イギリスの大学で重視される試験。
  • ファンデーションコース:大学付属の準備コース

 

 

大雑把に分けるとまだはっきりどこの国のどこの大学どこの学部に入るか決まっていない人はIBコース

 

 

イギリス系の国(イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなど)の大学に行くけど、どの大学、どの学部か決まっていない人はAレベル

 

 

大学も学部もほぼ決まっている人はファンデーションコース

 

 

と分けれらるのではないかと思います。

 

ただIBコースやAレベルは広くいろいろな分野を勉強しないといけないのでかなり大変です。方向性が決まっている人はファンデーションコースで自分の興味のある専門分野を勉強することをおすすめします。

 

理学療法士になりたいと決まっていた娘もこのファンデーションコースを取りました。

 

国は理学療法士の最先端と言われているオーストラリアかイギリス。
いろいろ条件を調べて最終的にオーストラリアにしました。

 

 

 

オーストラリアにした条件

 

  • 卒業後2年間の就労ビザがもらえる
  • 永住権が取りやすい
  • アルバイトが出来る

 

主にこの3つの条件でした。
これらの条件は将来を考える時かなり重要なポイントでイギリスでは卒業してもイギリス国内で就職することはかなり難しいと大学の担当者に言われました。

 

しかしオーストラリアの場合、理学療法士のコースは大学を卒業したら100%就職を約束してている所がほとんどでした。

 

また永住権が取れるのも大きな魅力です。
永住権があればもちろんそこでクリニックを立ちあげることも出来ますし、その後の大学院へ進みたい場合費用が現地人対象になり、ぐっと安くなります。

 

大学中のアルバイトは苦学生にとって必須です。
オーストラリアでは1週間20時間までバイトができ、ホリデー中は時間制限なしで働くことが出来ます。しかも時給がかなり高く今娘が働いているレストランは見習いでも$13ですので、週末働くだけでも十分生活費がまかなえます。

 

そんな訳で娘はこの後ラッキーなことに奨学金をもらえて、オーストラリアのファンデーションコースに進むことになりました。

 

奨学金についてはこちらの記事で書いてます。→海外留学の奨学金について

 

これから娘のオーストラリアでの学生生活について書いていきたいと思います。
オーストラリアへの留学を考えている方やその親御さんの参考になればうれしいです。

 

留学を考えている人はまずプロのエージェントに相談するのがおすすめです。
無料相談ができるエージェントはこちら

 

手数料無料の留学エージェント【Global Dive】

 

手数料無料の留学手続きサービスなら【カナダジャーナル】

 

もちろん娘もエージェントにお願いしましたよ♪

 

 

 

 

オーストラリア留学,高校卒業,IGCSE