オーストラリアのワーキングホリデー ビザで出来ること

 

オーストラリアのワーキングホリデービザは1年間のビザを2回まで取得することが出来ます。

 

オーストラリアのワーキングホリデービザで出来ること

  • 1年間オーストラリアに住むことができる
  • 1年間何度でもオーストラリアへ出たり入ったりできる
  • 最長4か月まで学校へ通うことができる
  • 通常は最長6か月まで同じ雇用主の元で就労できる
  • 観光できる

 

何がすごいって1年間のビザってこんな機会しかなかなかもらう事ができません。
通常海外に長く住もうと思ったら、かなりまとまったお金を滞在国に入れないとビザはもらえません。

 

よその国の人を受け入れるには、その国にそれだけのメリットがないといけないんですよね。

 

外国人がワーキングホリデービザ以外で日本に1年以上住もうと思ったら、日本人と結婚するか日本の企業に就職してビザを出してもらうか、高いお金を出して日本の学校へ留学するかぐらいしか方法はありません。

 

日本人が他の国に住もうと思っても同じような条件なのではないでしょうか。

 

だからこのワーキングホリデービザはぜひ活用してもらいたいと思います。

 

オーストラリアのワーキングホリデービザの条件

 

一般条件 :

 

  • 日本の有効なパスポートを持っていること
  • ビザ申請時に18歳以上30歳以下であること
  • 人物審査及び健康診断の条件を満たしていること
  • 約5,000豪ドルを所持していること
  • オーストラリアの価値観を尊重し、オーストラリアの法律を順守すること

オーストラリアのワーキングホリデーには子供を連れて行くことはできません。
またビザ申請は国外からしかできず、ビザ許可時にもオーストラリアの外にいる必要があります。

 

オーストラリアのワーキングホリデービザは1年で条件を満たせばもう1年延長できるようになりました。

 

2度目のワーキングホリデービザの条件は多少違ってきますのでご注意下さい。

 

詳しいことはオーストラリア大使館の公式ホームページに書かれていますが、
行こうかどうしようか迷っているようなら、絶対行くべきです!!!

 

18歳以上30歳以下という期限付きですよ。
海外に行くと日本の良さも、自分が当たり前と思っていたことと違う事もたくさん見えてきます。

 

ワーキングホリデーに行って人生観が変わった人はたくさんいます。

 

ワーキングホリデーの申し込みはオンラインで自分でできるようになりましたが
語学学校や最初に住む場所などプロの方に頼むのが一番だと思います。

 

そんなときはエージェントに頼むのが一番手っ取り早いですね。
私も最初はエージェントを通していきました。

 

まずは無料相談で聞いてみてはいかがでしょうか。

 

 

ワーキングホリデーの無料相談はこちら

 

留学ワーキングホリデーサポート【Global Dive】

 

かなり前になりますが、私がワーキングホリデーに行った時の体験談です。
よかったらどうぞ=>ワーキングホリデーでオーストラリアへ行ってきた体験談 前編