ニュージーランドへ行って英語が話せるようにならなかったこと

 

ニュージーランド ワーホリ体験談 

 

ニュージーランドのワーホリで失敗したことは日本人と一緒にいたこと

 

留学する前は、留学エージェントからのアドバイスとして

 

「できる限り日本人と一緒に行動をしないことが英語の上達への近道」

 

だと教えもらいました。

 

もちろん、私も留学前は、英語を話せるようなることをゴールとしていたため、そのためにできることならなんでもやる覚悟でいました。

 

語学学校やワーキングホリデービザを使用して、できる限り日本人がいない職場や環境に飛び込んでいきましたがどうしてもニュージーランドは留学スポットとしても日本人に人気の高い場所なので1人は日本人がいるという環境でした。

 

しかし、自分から近づかなければ関わりを持つことはないと思って、あえて距離を取っていました。

 

が日本で春休みや夏休みなると学生さんの留学生が増えてしまい日本人の率は急上昇していきました。

 

 

英語しか聞こえない環境を意識していたのですが、休憩室やコミュニティールームにいるとどうしても日本人同士が日本語でぺちゃくちゃしゃべっている声が耳についてしまいます。

 

日本語のない環境を維持することが難しいと感じました。

 

そして、たまに話す日本語が妙に懐かしく気づけば1日日本人と一緒にいたという日々が増えてしまいました。

 

そのうち日本人同士で遊びに行くとかコミュニケーションを取るのが楽というふうに感じてしまうようになりました。

 

 

ワーホリ中英語が邪魔くさく感じるようになってしまうこと

ニュージーランド ワーホリ体験談 

 

英語を話すために留学をしているにもかかわらず、英語を話すことに対してわずらわしく感じる時期がありました。

 

それは、頭の中で日本語が先に浮かんでしまいその後浮かんだ英語を日本語に変換して話すという作業がとても億劫になることがあります。

 

日本語ならもっとこんなに頭の中で考えなくても思ったことを言葉にして簡単に伝えることができるのにというもどかしい気持ちになることや、日本語で分かり合えることの素晴らしさを海外に出て改めて感じる機会となりました。

 

 

しかし、留学までして日本語を使っている時点でやはり英語の習得がそれだけ遅れて行くことを現地で生活している時に少しでも早く痛感しておくべきだったと後悔しています。

 

日本語は日本に帰れば嫌でも聞こえるわけで、友人も皆日本語を話しているわけです。

 

しかし、留学をすることで、英語に囲まれた環境に飛び込むことができるという、日本にはない恵まれた英語学習の環境がそこにはあります。

 

 

日本人の友人を作るより外国人の友人を作ることの方が勇気もエネルギーも必要なわけですが決して無駄なことではなく、英語が話せるようになる上では重要な項目だったと思います。

 

英語が話せずに帰ってきた今思うこと。

 

留学エージェントのスタッフが教えてくれた通り日本人の友人を作らないことというのは英語を海外でマスターする上では必要不可欠なことなんだと感じました。

 

 

 

海外留学 ワーホリ