60日という短期間で日常英会話を身につける実践的な英会話学習教材

 

 

大人向け英会話教材

 

マルチリンガルの子育て 長男の英語と中国語

 

海外で3人の子育てをしています。

 

そんな我が家の一人息子、姉と妹に挟まれた長男のお話です。

 

彼はただいま思春期真っ盛り。顔には青春の証ニキビがたくさん出来ています。
そんな彼は我が家で唯一中国語の勉強を継続しています。

 

姉は高校からインターナショナルスクールに変わり英語学習になりました。
≫姉の記事はこちら

 

妹は小学生卒業前に中国語とマレー語をあきらめ英語一本に絞っています。
≫妹の記事はこちら

 

なぜ彼だけ中国語を続けているかといえば、「彼の中国語がずば抜けて素晴らしいから」です!

 

なんてことではなく

 

我が家の家計の事情と、彼の順応力の高さ故とでもいいましょうか。

 

彼が通っているのは私立の中華系、中高一貫スクールです。
同じ名前の公立校もありますが、こちらはレベルがものすごく高くて有名。

 

うちの息子君のレベルでは入るのは無理だったと思いますが、いずれにしろマレーシアの公立校はマレー語にも力を入れなくてはいけません。

 

うちの子はただでさえほかの子より日本語が多いのであまりにも大変だろうと、とりあえず英語、中国語に頑張ってもらうことにしました。

 

 

マルチリンガルの子育て 長男は中華系の小学校から高校まで

 

長男は幼稚園から中華系で、そのまま高校まで来ています。
私立の中学、高校では小学校と違い簡体字ではなく、繁体字を勉強します。

 

繁体字は中国や台湾で使われている旧字体なので、小学校で勉強したより難しい中国語を勉強しなおさないといけません。

 

この学校で受ける最終テストも中国、台湾で実施されているUECというテスト。

 

大学へ入るのもこのUECを使って入ることになります。

 

マルチリンガルの子育て 中国語を勉強するメリット

 

正直中国語を勉強するメリットをそれほど感じているわけではありません。

 

やはり最終的には英語が一番と思いますが、長男の場合中国語の学校の成績もそこそこ上がってきて、(長女、次女はどんどん下がってきた)学校も楽しく行っているので、このままでいいかなという感じです。

 

料金も私立ですが英語系のインターナショナルスクールよりはるかに安く、長男が入学した次の年からこの学校の人気が突然沸騰して、入学するのがとても難しくなったと聞いたので、そんな人気のある学校を辞めるのももったいないと思ったのもあります。

 

高校に入り選択制になると英語の科目も増え、そこでかなりいい点を取るようになり本人も楽しくなってきたようです。

 

姉、妹のように英語の学校に変わる必要性がありませんでしたので、そのままというところです。

 

学校も大きく行事やイベントも盛んで、いろいろな場で活躍している彼をみていると、お金がないからインターナショナルスクールへは行かせてあげられないという罪悪感が薄れます。

 

 

マルチリンガルの子育て 長男は中国語を勉強して今後

 

彼はまだ何になりたいと決まっていないようなのでとりあえずUECを頑張って、その結果で大学を決めることになりそうです。

 

学校は提携の多い台湾の大学を勧めるようですが、できれば英語圏の大学で英語をしっかりマスターしてもらいたいと親は思っていますが、最終は本人に任せます。

 

結局うちは3人とも全く違う方向でそれぞれの学校へ通うことになりました。

 

日本ではこれだけの学校の選択ができないと思うので、これはマレーシアに住んでいた利点かなと思っています。

 

 

 

マルチリンガル,子育て,英語,中国語