60日という短期間で日常英会話を身につける実践的な英会話学習教材

 

 

大人向け英会話教材

 

親の遠距離介護に直面 感じる罪悪感

 

親の介護がとうとうきました!

 

いつかは親の介護をしなければいけないだろうと覚悟していたつもりでしたが、いざその時になるとかなり焦ります。

 

母が倒れたのは7月のはじめ

 

遠距離介護の母は転倒して骨折から

 

きっかけは骨折でした。石につまずいて倒れた拍子に左腕を骨折して手術。

 

骨がもろく複雑骨折でセラミックを入れてつなぎ合わせた手術は3時間の予定が6時間かかりました。

 

手術後まあ年齢のこともあるし、ゆっくり治していこう。利き腕の右でなくてよかったねと話していた矢先なんと入院先の病院で脳梗塞になってしまったのです。

 

母は手術の影響なのか脳梗塞で半身不随に。

 

腕の骨折のときはそれほど慌てませんでしたが、脳梗塞はショックでした。

 

しかも骨折した腕だけでなく、足も動かなくなり、左半身不随。
言葉もよく話せなくなったということなのでこれは日本に来るしかありませんでした。

 

仕事を休み、家族の協力を得て日本へ来ることに。

 

日本で親の介護 遠距離介護の開始です

 

まだ介護というより看護ですが、病院へ来ました。
病院で母に会ったときはかなりのショック。

 

言葉がうまく話せず、私のことはわかってくれていますがほとんど何を言っているのかわかりません

 

骨折した腕はもちろん左足も動かず、なんとも悲しい姿です。

 

救いなのが本人の頭がしっかりしていること。
言葉が上手く話せないので最初は頭もどうかしてしまったかと思ったのですが、ゆっくり話を聞くうちにすべてわかっているんだということがわかってきました。

 

本人も自分がどこまで話せているのかがわからなかったようで、今までのようにぺらぺらと話していたのが、ゆっくり話したほうが通じるんだというのがわかってきて、日がたつにつれて話し方のコツがつかめてきたようで、内容がかなりわかるようになってきました。

 

今後は動かない左半身と言語障害のリハビリです。

 

脳梗塞などで麻痺が残った場合とにかく早期にリハビリをするのが大切なようで、母も肩の骨折の抜糸が終わるとすぐに本格的リハビリがはじまりました。

 

体もさることながら言葉のリハビリが大切です。

 

病院でも言葉が上手く出てこないと脳に支障が出たように思われ医療機関の方の対応も子供に接するようです。

 

「ごめんね〜?」「ここ痛い〜?」など年配の人にそれはないんじゃないと横で聞いていて腹が立ちます。

 

きっと体は動かなくても母が普通に話せたらこんな赤ちゃん言葉を使われることはないのではないかと思います。

 

人権の尊重ではないですが、これは全ての医療機関の方に見直して頂きたいなと切に思いました。

痴呆症でわからない人であっても人生の先輩に対する言葉使いは気をつけるべきではないでしょうか。

 

ましてや母のように頭がしっかりしている人への対応はもう少し考えて欲しいです。

 

そんなこんなでこれから遠距離介護問題が出てきそうです。

 

また落ち着いたらこちらも少しずつ記事をアップしていきたいと思います。

 

留学をするということは海外での縁もあるかもしれません。

 

結婚するときは親も元気で介護なんて考えもしないかもしれませんが、いずれはこういう時期が来るのです。

 

この記事が留学を考えている人にあ〜そういうこともあるんだと少しでも参考になれば幸いです。

 

 

 

 

遠距離介護,罪悪感