マレーシアで留学 英語圏の留学

マレーシアで英語を習得して英語圏へ留学がおすすめ

マレーシア 英語 留学

 

将来子供をアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなどの英語圏の大学へ留学させたいと思っているご両親へ。

 

グローバル化が進み、英語は必須になってきました。
日本の企業も英語のできる人材を求めているし、まして英語圏の大学を卒業すると日本企業だけでなく外国企業で働く可能性が高くなり、子供の将来の選択肢が大きく広がります

 

英語でビジネスチャンスを掴もうと思ったらやはり英語圏の大学卒業資格を取ることが望ましいのではないでしょうか。

 

しかし日本の学校で勉強して、いきなり英語圏の大学へ留学するのは容易な事ではありません。
これはお子さんが小さい頃からしっかり親が計画してサポートしてあげることが大切です。

 

私がおすすめする方法はまずマレーシアで英語を習得することです。

マレーシアへ留学・海外移住して英語を習得

マレーシア 英語 留学

日本でインターナショナルスクールへ通うならいいですが、普通の学校で勉強しているだけでは英語圏の大学に入る英語力を付けるのはかなり難しいです。

 

そこでおすすめするのがマレーシアで英語習得することです。

 

長期滞在で人気のマレーシア。
その理由の一つに英語が通じることがあげられます。

 

マレーシアは多民族国家で民族により様々な言語が使われますが、共通語として使用されているのが英語です。
マレーシアの英語力はかなり高く、2018年の国別TOEFLスコアの結果をみると、日本が平均71点でアジア29国の中で下から3番目だったのに対し、マレーシアは90点でシンガポール、インド、パキスタンに次ぐ第4位です。

 

発音や文法はマレーシア訛りの独特のものがありますが、誰もが英語を話すマレーシアの英語力はかなり高いことがわかります。

 

そんなマレーシアにはたくさんのインターナショナルスクールもあります。
英連邦のマレーシアですから、イギリス系のインターナショナル校が多いですが、アメリカ系もありますので行きたい国によって選ぶことが可能です。

 

インターナショナルスクールの料金も日本と比べると安く、また入る条件がゆるい学校もあるので日本より入学しやすいのがおすすめの大きな理由です。

 

また学費だけでなく生活費も日本と比べると安いため、家族で移住して暮らすのもおすすめです。

 

マレーシアで大学準備コースまで勉強できる

そんなマレーシアでは英語圏の大学に入るための大学準備コースまで勉強することが出来ます。

 

これはイギリス、オーストラリア、ニュージーランドへ留学するためのAレベルやアメリカ、カナダでも通用するIBといわれるコースです。

 

マレーシアのインターナショナルスクールでイギリスの義務教育にあたるOレベルまでを勉強します。

 

この後英語圏の大学に行くためには大学準備コースが必要で、そのコースまでマレーシアで受講することが出来るのです。
ここまで授業料、生活費の安いマレーシアで勉強して、最終英語圏へ留学という方法があります。

 

マレーシアで大学に行って英語圏の資格を取る

マレーシアにはイギリスやオーストラリアの大学の姉妹校や提携校がいくつかあります。
そういう大学で勉強すると、マレーシアで勉強しても本校のイギリスやオーストラリアの大学の卒業資格がもらえます。

 

大学やコースによって違いますが、マレーシアで数年+英語圏の本校で数年というコースもあるし、全部マレーシアでというコースもあります。

 

高い英語圏に行かなくても資格が取れるのはありがたいシステムで、マレーシアの学生にも人気です。

マレーシアで勉強するためにまず始めたい日本で幼児英語教育

マレーシア 英語 留学

マレーシアに移住して英語を習得するのがお得というお話をしましたが、いつから行けばいいのでしょうか。

 

これは子供が小さいほど自然に英語が覚えられるので出来るだけ早めがいいと思いますが、いきなり幼子を連れてマレーシア移住はなかなか勇気がいります。

 

そこでまず日本で出来るだけ早めに英語教育を始めることをおすすめします。

 

日本人は英語の音が聞き取れないと言われます。
そのため大人になってから英語を習得しても、どうしても日本人発音が抜けません。
これは英語と日本語の音の範囲が全く違うため、日本語だけを聞いて育つと英語の音が聞き取れなくなるからです。

 

聞き取れる音の範囲が決まるのは12歳ごろまでと言われています。
12歳ごろまでに英語をたくさん聞くことが綺麗な英語が話せるためにはかなり重要です。

 

子供が小さい頃から家庭で常に英語が流れているそんな環境を作るのです。
家庭で常に日本語を話しているから日本語が聞けるようになるように、常に英語が聞こえればいいのです。
親が英語が話せないのであれば、英語のCDを聞かせたり英語のDVDを見せればいいです。

 

我が家はマレーシアで暮らしているので、家庭では中国語、日本語、マレーシア英語を話していました。
子供達が見ていたのはアメリカのディズニー番組で、車の中のラジオで流れてくるのはアメリカの音楽です。

 

きっとその時にアメリカ英語の耳が出来たようで、オーストラリアに住んだとき現地の人から「アメリカから来たの?」とよく聞かれたそうです。

 

子供の英語耳の話は本当だと確信しました!
日本でも是非お子さんに英語のCDをどんどん聞かせてあげて下さい!

 

ディズニーのCDはここで申し込めますが、まずは無料のサンプルをもらうといいですよ。

 

「ディズニーの英語システム」無料サンプルプレゼント!


 

マレーシアで勉強するためにまず始めたい日本で英語教育 幼稚園〜小学生

マレーシア 英語 留学

子供が幼稚園〜小学生ぐらいという方も遅すぎることはありません。
まだ英語の音を聞き取る力は十分つく時期なので、この頃も積極的に英語を聞かせてあげて下さい。

 

言葉を理解して話せるようになりますので、この頃の英語教育は英語の音を聞かせるだけでなくストーリーとして覚えて繰り返すことが出来ます。

 

英語を習得するにはたくさんの単語を覚えて、使えるフレーズを増やすことです。
そのために家庭で毎日英語のストーリーを聞いて繰り返すのが大切です。

 

ただこの頃は英語を勉強として無理にさせると英語嫌いになってしまう可能性がありますので、出来るだけ自然にできる環境を作ることが重要です。

 

そこでおすすめするのが、きちんと研究開発されて作られた子供向け英語教材のセブンプラスバイリンガルです。
セブンプラスバイリンガルは繰り返し聞くうちに自然と英語が身に着く特別なメソッドが使われています。

 

公式サイトの説明はかなり納得させられるので、興味がある方は是非読んでみて下さい。

 

【世界の七田式!】35日完結バイリンガル英語脳プログラム<七田式>


マレーシアで英語を習得して英語圏へ留学がおすすめのまとめ

英語圏へ留学するためにまずマレーシアで英語を勉強するおすすめをご紹介しました。

 

最近マレーシアへ親子留学や母子留学として子供の英語教育のたに来る方が増えています。
これは日本だけでなく韓国や中国からも来ています。

 

しかし日本人の子供はどうしてもハンディがあるようです。
これは日本での英語教育の問題が大きいからです。

 

英語圏へ留学するためにまずは英語です。
その英語を身に付けるためのカギは子供の頃の英語環境だといえます。

 

マレーシアで英語を学ぶときも、英語の基礎があるとないでは学校選びから変わってきます。

 

英語耳が出来るのは子供の頃だけです。

 

留学するかしないか分からない。
でも子供が留学したいと思ったとき少しでも有利になるよう親として出来るだけの可能性を広げてあげて下さいね。

 

正しい英語教材を使えば、家庭で英語環境を作ることはそれほど難しくありませんよ!

 

ディズニーの英語システム無料サンプル
【世界の七田式!】35日完結バイリンガル英語脳プログラム<七田式>

 

 

 

ぽちっと応援頂けると励みになります♪

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加

 

マレーシア,留学,英語圏

Sponsored Link