【南オーストラリア大学生の体験談】オーストラリア留学のメリットはこの2つ!

この記事は約6分で読めます。

オーストラリア 留学

オーストラリアへ留学するとき2つのビザで留学することができます。

  1. ワーキングホリデービザ
  2. 学生ビザ

1.のワーキングホリデービザは就学、就労、観光ができるビザですが、留学目的というより社会勉強目的なので学校へ通うのは4ヶ月(17週間)までという制約があります。

2.の学生ビザは学校の許可があれば何年でもいることができます。

今回は我が家の長女が南オーストラリア大学へ留学したときの経験からオーストラリア留学がメリットだと思った体験談をご紹介します。

留学を考えている方は参考にして下さい。

オーストラリア留学のメリット1 学生ビザでバイトが出来る

オーストラリアの学生ビザはアルバイトが認められています

ただし授業がある時期のアルバイトは週20時間までという制限があります。スクールホリデー中は時間の制限はありません。

授業料が高く、生活費も高いオーストラリアで留学生がアルバイトをするのは一般的で、ほとんどの学生がアルバイトをしています。

アルバイト先はレストランやカフェ、お土産物屋さんが比較的学生に働きやすい場所で、英語力があれば選択肢は広がります。

英語のできない最初の頃は日本食レストランなどで働いて、ある程度英語力がついてきたら地元の人でにぎわうレストランやカフェでアルバイトすると英語の上達にも役に立ち、地元の友達も作りやすくなります。

レストランやカフェでアルバイトするとまかないも付いてくるので、食費も助かりますね。

物価の高いオーストラリアでは人件費も高く、学生ビザのアルバイトでも時給17~22オーストラリアドルぐらいもらえます。

週20時間みっちり働き、スクールホリデーは終日仕事をすれば学生ビザで行って生活費をアルバイトでカバーすることは不可能ではありません。

ただ大学準備コースや大学へ留学している人は勉強がかなり大変なので、アルバイトに明けくれて単位が取れないなんてことになると、なんのためにオーストラリアへ行ったか分からなくなってしまいます。

オーストラリアへ学生ビザで行っている人は両立できる範囲でアルバイトを入れて下さいね。

このアルバイトができるというのは、学生ビザで留学している人にとってとてもありがたいことで、アメリカなど原則学生ビザでのアルバイトが認められていない国があります。

そういう国へ留学する場合は留学のトータル費用がかなり高くなりますので、留学費用を考えるときは学生ビザでアルバイトが出来るかどうか調べた方がいいですよ。

にいな
にいな

学生ビザでアルバイトが出来るのはオーストラリア留学のメリットです。

 

オーストラリア留学のメリット2 卒業生ビザがある

オーストラリア留学をおすすめするもうひとつの理由が卒業後のビザです。
卒業して学生ビザが終了するとその国に住むことが出来なくなります。

留学を考えるとき卒業してからその国で就職や永住を考える場合は卒業後のビザについても調べる必要があります。さもないとせっかく頑張って卒業したのに、日本に帰るしか選択肢がなくなるからです。

卒業してからも比較的ビザが取りやすい国としてオーストラリアがあげられます。
オーストラリアは一定の条件をクリアして卒業すると卒業生ビザを取得することが出来ます。

卒業生ビザを取るには条件があります。その条件をクリアするためにオーストラリアへ留学する前は必ず条件を調べてから大学や専門学校の専攻を決めるべきだと思うのです。

うちも子供がオーストラリアの卒業生ビザを取得したときの情報はこちらで書いています。
【オーストラリア留学後】現地で仕事をするための卒業生ビザについて

条件は年々変わっていきますので、こういう事は専門のエージェントに聞くのが一番!うちは海外在住のため海外のエージェントにお願いしました。

どのエージェントがいいか分からない方は一括で複数のエージェントから無料で資料がもらえるこちらのサイトが便利です。


オーストラリアの卒業生ビザについて

オーストラリアの卒業生ビザの正式名称はTemporary Graduate visa です。

卒業生ビザについてオーストラリア政府の公式サイト:
https://immi.homeaffairs.gov.au/visas/getting-a-visa/visa-listing/temporary-graduate-485/

このオーストラリア 卒業生ビザは2タイプがあり、申請条件や滞在できる期間が違います。

Graduate Work stream

オーストラリアで専門学校(TAFE)など2年以上のコースを修了した人が取得するビザです。
このビザを取るためには政府が特定した職業のコースを卒業しなければいけません。

にいな
にいな

専門学校を出てオーストラリアで働こうと思っている方は特に注意した方がいいのがこれです!

政府が特定する職業は毎年更新されるため、入学するときにリストにあっても卒業したとき削除されていると卒業生ビザを取ることが出来ないので、削除されそうにない職業を選ぶ必要があります。

 

なかなかリスクが伴うのでやはりこちらは現地の情報をよく知っている専門のエージェントに聞くのが無難だと思います。

専門学校を卒業して卒業生ビザが取得できると卒業後18ヵ月オーストラリアに滞在することが可能です。

Post-Study Work stream

正規大学留学でBachelor(学士)以上のDegree(学位)を取得した人が取得するビザです。

このビザは職業リストは関係ありませんので、Bachelor(学士)以上のDegree(学位)が取れるコースなら問題ありません。

ただし2011年11月5日以降に初めてオーストラリアの学生ビザを取得した人が対象となるため、それ以前に学生ビザを申請した人は取得できません。

このビザは最大4年間オーストラリアに滞在することが出来ます。

 

【南オーストラリア大学生の体験談】オーストラリア留学のメリットはこの2つ!のまとめ

オーストラリア 留学 ビザ

海外留学は学費がとても高く大変ですが、その中でもアルバイトが出来たり、卒業後現地で働けるなどのメリットがあるオーストラリアは留学地としておすすめです。

オーストラリアの卒業生ビザは卒業してからオーストラリアに住めるという大きなメリットがあります。

オーストラリアの留学経験を生かして日本で就職と考えている方はいいですが、せっかく高い授業料を払ってオーストラリアへ留学したのだから、年収の高いオーストラリアで働きたいと思う方にとってはありがたいビザです。

またその後永住権取得を考えているなら、この卒業生ビザで仕事の経験を積むのはとても重要な事です。

オーストラリアの永住権はポイント制で、ポイントが高いと永住権が取得しやすくなります。
3年間仕事をするとポイントがもらえるし、その期間に英語の資格でポイントを取ったり年齢ポイントなどがもらえることがあります。

にいな
にいな

オーストラリアへ留学を考えている人はこの卒業生ビザを取ることを頭においてコースを選ぶといいですよ。

コースの選択に迷うならプロのエージェントに相談すれば大丈夫!
エージェントは学校側から紹介料をもらうので、相談者は無料のところがあります。
そういうエージェントはサポートも入学手続きも無料でしてくれるので、是非利用して下さいね。

どのエージェントがいいか分からないという方は複数の留学 エージェントから一括で資料が請求できるこちらのサイトが便利です。

無料で利用できるので、情報を集めるにはおすすめですよ!

【無料】一括で数社の留学情報をもらうならここ!

タイトルとURLをコピーしました