【オーストラリア留学後】現地で仕事をするためのビザについて

この記事は約6分で読めます。

オーストラリア留学 仕事

2019年11月に長女がオーストラリアの大学を卒業しました。
いよいよオーストラリアで仕事が始まります。

就職活動して数か月で仕事が決まりました。
長女の大学専攻はPhysiotherapy(理学療法士)で比較的仕事の探しやすいコースです。
しかも日本のようにコース終了後に国家試験を受けるのではなく、卒業と同時に免許が与えられます。

オーストラリアは職業別リストがあるので、オーストラリアへ留学を考えている人は卒業後の資格や就職のしやすさ、ビザの取りやすさなどいろいろ考慮して検討した方がいいですよ!

やはりこういう詳しい情報はプロに相談するのが一番です。
長女もそうでしたが、留学を考えたらまずはエージェントに相談ですね。

うちはマレーシア在住なのでマレーシアのエージェントに依頼しましたが、日本にもオーストラリア専門のエージェントがあります。日本もマレーシアのエージェントと同じく無料サポートしてくれるのでエージェント利用はおすすめです!

どこのエージェントがいいか分からない場合は一括で複数のエージェントから無料で資料がもらえます。

【無料】一括で数社の留学情報をもらうならここ!

オーストラリアの大学を卒業 仕事のビザはどうなる?

オーストラリアの大学を卒業すると卒業生ビザがもらえます。
これはオーストラリアで留学する大きなメリット

大学を卒業すると学生ビザがなくなるので、そのまま就職したい場合就労ビザが必要になります。
就労ビザを取るためには会社からのスポンサーが必要になりますが、条件が厳しく費用や手間がかかるためよほど優れた人材でないと会社は就労ビザを取ってくれません。

新卒で就労ビザを取るのはなかなか困難で、イギリスなどへ留学した人は卒業したら帰国を余儀なくされることが多いのです。

でもオーストラリアは卒業生ビザの制度があるため卒業しても一定期間仕事をすることが出来ます
そしてその期間に会社に認められると就労ビザが取れたり、永住権を申請することが出来るんです!

オーストラリアの卒業生ビザについて

オーストラリア留学 仕事

 

オーストラリアの卒業生ビザの正式名は『Temporary Graduate visa ? subclass485』です。
オーストラリア政府の公式サイトはこちら:
https://immi.homeaffairs.gov.au/visas/getting-a-visa/visa-listing/temporary-graduate-485/

このビザはオンラインで自分で申請することができます。
しかしかなり結構ややこしいそうなので、うちはビザエージェントにお願いすることにしました。

オーストラリア 卒業生ビザは2種類あります。
この2種類は申請条件や滞在できる期間が違います。

専門学校を卒業してもらうGraduate Work stream

オーストラリアで2年以上のコースを修了した人が申請できるビザです。
主に専門学校(TAFE)を卒業した人が申請するビザです。

ただし特定の職業に関するコースを修了した人が対象となるため、それ以外のコースを受けた場合は卒業生ビザはもらえません。

 

特定の職業はSkilled OccupationList(SOL)がオーストラリア政府から毎年発表されます。
職業は公式サイトで確認できますが、かなりややこしいし、毎年更新されます!
https://immi.homeaffairs.gov.au/visas/working-in-australia/skill-occupation-list

やはりこれもプロのエージェントに相談する方がいいと思います…

このビザを取得できると卒業後18ヵ月オーストラリアに滞在することが出来ます。

Graduate Work streamの申請条件

・50歳以下
・オーストラリアに現在居住している
・学生ビザ(もしくはブリッジングビザと呼ばれる仮ビザ)がある
・職業リストのコースを修了
・英語能力試験
(IELTSの全科目スコア平均6.0以上・TOEFL iBTスコア合計が64以上・PTE Academic全科目のスコア平均が50以上・OET各科目で最低B・Cambridge C1 Advancedtest全科目のスコア平均が169以上)

大学・大学院を卒業してもらうPost-Study Work stream

こちらは大学や大学院で正規のBachelor(学士)以上のDegree(学位)を取得した人が申請できるビザです。

このビザは特にコースの指定もなく職業リストも関係ありませんが、2011年11月5日以降に初めてオーストラリアの学生ビザを取得した人しか申請できません。それ以前に学生ビザを申請した人は対象外となってしまいます。

このビザは最大4年間オーストラリアに滞在することが出来ます。

Post-Study Work streamの申請条件

 

・50歳以下
・オーストラリアに現在居住している
・学生ビザ(もしくはブリッジングビザと呼ばれる仮ビザ)がある
・大学を卒業
・英語能力試験
(IELTSの全科目スコア平均6.0以上・TOEFL iBTスコア合計が64以上・PTE Academic全科目のスコア平均が50以上・OET各科目で最低B・Cambridge C1 Advancedtest全科目のスコア平均が169以上)

オーストラリアの卒業生ビザを取得

オーストラリア留学 仕事

 

長女は卒業生ビザを申請することになりました。
自分で申請するつもりでしたが、かなりややこしそうです。

就職も決まり働きだすと時間もなくなるので、やはりプロのエージェントに頼むことにしました。

そこでエージェントからのアドバイス!
『学生ビザが切れるギリギリに卒業生ビザを取る』

長女は3月に学生ビザが切れます。
せっかく就職が決まったのに学生ビザでは働けないと思ったのですぐに卒業生ビザに切り替える予定でしたが、
エージェントから上記のアドバイス。
*ちなみに学生ビザは学校のコース受講中は週20時間までしか働くことが出来ませんが、卒業していれば学生ビザでもフルで働くことが出来ます。

理由は…

永住権取得に関係します。

オーストラリアで永住権を取得するのはポイント制になっていてポイントが高いと永住権が取得しやすくなります。永住権についてはまた別の記事で説明したいと思います。

て長女の卒業生ビザは3年もらえる予定です。
3月まで学生ビザがあるのでそこから3年で合計3年3か月滞在できます。
*実際には学生ビザが切れるギリギリに申請すれば卒業生ビザが取得できるまでブリッジングビザ(仮ビザ)が出るので、3年3か月以上滞在することが出来ます。

そしてオーストラリアで3年間フルタイムで仕事をすると5ポイントもらえます。
3年後に永住権を取るためのポイントが5点上がります。

3年後永住権が取れていない場合その時のビザの猶予は3か月~7か月ほど(ブリッジングビザの期間による)あり、この5ポイントを追加するとその間に永住権が取れるかもしれません。

もちろんその前に永住権か就労ビザが取れれば問題ありませんが、念のためビザの有効期限を延ばすために卒業生ビザは学生ビザが切れるギリギリに取った方がいいですよというのがエージェントのアドバイスでした。

さすがプロ…

長女の卒業生ビザはこれから申請なので、引き続きプロセスを報告していきます。

高い授業料を払ったのに卒業後ビザが取れず帰国を余儀なくされることがないよう、オーストラリアへ留学を考えている人は、くどいようですが卒業後のビザのことをしっかり調べた方がいいですよ!

それにはプロのエージェントに相談するのが一番だと思います。

【無料】一括で数社の留学情報をもらうならここ!

もちろんオーストラリアの大学を卒業して日本で就職したいと考えている人はビザのことを考える必要はありませんが…

タイトルとURLをコピーしました