【マルチリンガルの子育て】 長男は英語と中国語そして…

この記事は約3分で読めます。

マルチリンガル 英語 中国語

海外で3人の子育てをしています。
そんな我が家の一人息子、姉と妹に挟まれた長男のお話です。

彼はただいま思春期真っ盛り。顔には青春の証ニキビがたくさん出来ています。
そんな彼は我が家で唯一中国語の勉強を継続しています。

姉は高校からインターナショナルスクールに変わり英語学習になりました。
≫姉の記事はこちら

妹は小学生卒業前に中国語とマレー語をあきらめ英語一本に絞っています。
≫妹の記事はこちら

なぜ彼だけ中国語を続けているかといえば、「彼の中国語がずば抜けて素晴らしいから」です!

にいな
にいな

なんてことではなく

我が家の家計の事情と、彼の順応力の高さ故とでもいいましょうか。

彼が通ったのは私立の中華系、中高一貫スクールです。

マレーシアの公立校はマレー語にも力を入れなくてはいけないので、ただでさえほかの子より日本語が多いのであまりにも大変だろうと、とりあえず英語、中国語を頑張ってもらうことにしました。

長男は中国語の小学校から高校まで

長男は幼稚園から中華系で、そのまま高校まで来ています。
私立の中学、高校では小学校と違い簡体字ではなく、繁体字を勉強します。

繁体字は中国や台湾で使われている旧字体なので、小学校で勉強したより難しい中国語を勉強しなおさないといけません。

この学校で受ける最終テストも中国、台湾で実施されているUECというテスト。

大学へ入るのもこのUECを使って入ることになります。

中国語を勉強するメリット

正直中国語を勉強するメリットをそれほど感じているわけではありません。

やはり最終的には英語が一番と思いますが、長男の場合中国語の学校の成績もそこそこ上がってきて、(長女、次女はどんどん下がってきた)学校も楽しく行っているので、このままでいいかなという感じです。

料金も私立ですが英語系のインターナショナルスクールよりはるかに安く、長男が入学した次の年からこの学校の人気が突然沸騰して、入学するのがとても難しくなったと聞いたので、そんな人気のある学校を辞めるのももったいないと思ったのもあります。

高校に入り選択制になると英語の科目も増え、そこでかなりいい点を取るようになり本人も楽しくなってきたようです。

姉、妹のように英語の学校に変わる必要性がありませんでしたので、そのままというところです。

学校も大きく行事やイベントも盛んで、いろいろな場で活躍している彼をみていると、お金がないからインターナショナルスクールへは行かせてあげられないという罪悪感が薄れます。

長男は中国語で勉強、でも第一言語は英語

日本の高校卒業資格に当たる各国の試験

アメリカ:SAT
イギリス:GCSE/Aレベル
台湾:UEC
マレーシア:SPM/STPM

多少レベルは違いますが、これらの試験をパスすれば大学に進学することが可能です。

UECを終えた息子はマレーシアの大学へ進学することにしました。
台湾の試験UECでしたが、彼が選んだのは英語で受けるUEC。

成績はよく頑張って、大学の返済不要一部奨学金をもらえました。
また大学に行くためにIELTSが必須になりました。

入学基準はIELTS6点以上。
彼は7.5点とかなりいい点を取ることができ、中国語でずっと勉強してきたけどやはり彼の第一言語は英語だなと実感しました。

これは家庭ではほとんど英語、小さい頃から見るテレビも全部英語、聴く音楽も英語だったからです。
大学は私立のため英語の授業になります。

ただマレーシア人はマレー語のレッスンを受けることが義務付けられています。
言語は大切だと感じるのでいろいろな言葉を勉強できるマレーシアは恵まれた環境だとつくづく感じます。

 

タイトルとURLをコピーしました