海外で使われる変な日本語をご紹介

この記事は約2分で読めます。

変な日本語 海外

海外で使われる変な日本語があります。
よくTシャツに面白い日本語が書かれていたりしますが、日本人が来ている英語のTシャツでも???というのがあるのでしょうね。

そんな変な日本語をうちの子供が使って面白かったのでご紹介します。

う○こが動詞で使われる

日本語のう○こって名詞ですよね。
それが英語で使うと動詞にできるんです。

ある日子供がトイレに入っていました。

 

にいな
にいな

○○出かけるよ。早くしなさい。

そこで返ってきたのがこの言葉

 

子供
子供

I’m う○こing.

分かりますか?

中学の時に習った英語を思い出してください。

 

I eat an apple.  私はリンゴを食べます。

I am eating an apple. 私はリンゴを食べています。

現在進行形って聞いたことありますよね。

 

動詞に 「ing」 を付けると 「~しています。」 という
進行形になるって話し。

うちの子はその現在進行形をなんと

「う○こ」 に使ったのです。

 

にいな
にいな

これには驚きました~!

もちろんこんな英語、英語圏のネイティブの人に通じるわけはありません。
日本語と英語がわかる人なら、言いたいことは分かってくれるでしょうが。

国際結婚の家庭って結構その家庭でだけ通じる言葉があるのではないでしょうか。

特にマレーシアは多民族国家なのでマレー語、中国語、英語 ときにはヒンズー語も交じります。

うちはそこに日本語も入るからややこしい。
もっとややこしいのは、中国語も北京語、福建語、広東語、潮州語と多種多様。

日本で英語を勉強すると日本語がおかしくなる…なんて言っている人はマレーシアに来てみるといいのでは?

タイトルとURLをコピーしました