【留学体験者より】留学費用の目安と安い留学方法のおすすめをご紹介!

この記事は約6分で読めます。

ワーキングホリデー

留学しようと思った場合費用がとても気になりますよね。

長女が2015年からオーストラリアの大学へ留学しました。私も娘の留学でとにかく安く行けるよう費用は最重要項目で調べまくりました(^^;)

自分もイギリスに留学しましたが、その時に費用をよく調べず後悔しました。

留学にかかるおおよその費用を短期留学、大学留学、高校留学別に紹介しています。英語圏の留学は本当に高いです。

高すぎて無理!という人はこちらの方法がおすすめです。

  • ワーキングホリデーを使う
  • リゾートバイトで貯める
  • 安いアジアの国へ行く

ここでは留学の費用について、また私の経験から短期留学は安い国で大丈夫と思う理由、そして安く留学するための上記3つの方法をご紹介します。

お金がないから留学をあきらめるという事がないよう、また高い留学費用をムダにしないよう一度読んでみて下さい!

留学に必要な費用

  • パスポート、ビザの申請代
  • 飛行機代
  • 留学保険代
  • 健康診断代(ビザを取るのに必要)
  • 学校の授業料
  • 教材費
  • 宿泊費
  • 食費
  • 交通費
  • 諸雑費(光熱費や通信費)
  • お小遣い

留学といっても国、地域、学校や期間によってかなり費用に差があります。
ただ漠然と海外への留学を考えているけどいったい費用はいくらぐらい必要かなという方のために
各国の授業料、滞在費、食費のおおよその費用を比較しました。

短期留学 (約3ヶ月の費用)

  • ニュージーランド 55万円~75万円
  • カナダ      55万円~85万円
  • オーストラリア  60万円~80万円
  • アメリカ     65万円~115万円
  • イギリス     75万円~125万円

大学留学 (1年間の費用)

  • カナダ      255万円
  • ニュージーランド 295万円
  • オーストラリア  340万円
  • イギリス     355万円
  • アメリカ     445万円

高校留学の費用

カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの公立高校 1年間の費用 230万円~300万円
(*参考資料 留学ジャーナル公式サイト)

おおよその留学の費用はこれぐらいです。
短期留学なら費用を重視して考えていいと思います。

にいな
にいな

私の場合「イギリスは英語が綺麗だからイギリスに行きたい!」というおろかな理由でイギリスを選びました。

しかし海外留学で一番費用の高い国だったんだと今更ながらきちんと調べなかったことを反省しています。
正直短期海外留学で行くのに英語が綺麗どうのなんてそれほど重要なことではありません。

1年ぐらい居たとしても日本訛りのない綺麗な英語を話せるようになるのはほとんど不可能ですし、別に訛りがあっても全く問題ないと思っています。

短期留学で学ばなければいけないことはそんなことではなくもっと大切なことがあります!

留学を安い費用で行くおすすめの方法

英語圏の留学はとても費用がかかります。
正規大学留学だと学費と生活費で卒業までに1,000万円前後かかるとみておいた方がいいでしょう。

誰でも行けるという訳ではありませんが、短期留学なら自分でなんとかお金を貯めていくチャンスがあります!

短期留学を安くいく方法でおすすめはこちらです。

  • ワーキングホリデーを使う
  • リゾートバイトで貯める
  • 安いアジアの国へ行く

ではひとつずつ説明していきます。

ワーキングホリデーで留学する

英語を学びたい、海外で勉強したいというなら正規留学だけでなくワーキングホリデーというのがあります。

ワーキングホリデーなら数か月語学学校に入ることが出来ますし、現地で働くことも可能です。

お金がないけど海外に行って英語に触れ将来の役に立てたい人はこれを試し、まず第一歩踏み出すのが大切です。

ワーキングホリデーは30歳までの若者が取得できる特別なビザです。
日本人は約20ヵ国のワーキングホリデービザを取ることができるので、留学したいけどお金がないという人にとてもおすすめです。

ワーキングホリデーについてもっと詳しく知りたい人はこちらの記事を参考にして下さい。
【ワーキングホリデー体験より】オーストラリアでワーホリする情報

もちろんワーキングホリデーに行くのもある程度の初期費用はかかります。

飛行機代、現地ですぐ仕事が見るからない時のための生活費、語学学校へ入ろうと思うとその費用も必要です。

海外へ行って何かを学びたいと思ったらこれぐらいの費用は親に頭を下げて借りるか自分でなんとか頑張ってためましょう!

それでもどうしてもお金が工面できない人はリゾートバイトがおすすめです。

リゾートバイトでお金を貯めてから留学する

リゾートバイトとはその名の通り、日本のリゾート(観光地)でバイトをします。

リゾートバイトで貯金いくら貯めて何をするという目標をしっかり持てばお金を貯めることが決して不可能ではありません。

それはリゾートバイトはとにかく生活費がかかりません。
まずリゾートバイトでは住むところは寮が用意されているので、居住費無料です。
しかも光熱費や食費も付いています

極端な話だとお給料全部貯金しても生活していけるという事です。

もちろんリゾートバイトでも休日はありますので、休日に出かけたり自分でもリゾートを満喫したい人はその費用が必要ですが、リゾートバイトなら従業員割引が使えます。

リゾート地でバイトをすれば仕事で外国人の方と英語で接する機会が多くなるため、働きながら英語力を身に付けることも出来るの留学前の準備にぴったりです。

リゾートバイトを探すならこちらのサイトは英語や他の言語でも用意されているので、外国からの応募者が多いようです。

バイト先に外国人が多いと英語の勉強になりますよ!

リゾートバイトならアルファリゾート!

リゾートバイトをおすすめする理由はこちらに詳しく書きました。
【留学体験者より】リゾートバイトが留学の準備におすすめの3つの理由!

安い東南アジアの国へ留学する

留学はアメリカ、イギリス、オーストラリア、カナダ、ニュージーランドなど英語圏ばかりではありません。

英語圏への留学は本当にお金がかかります。

にいな
にいな

そこで学費や生活費の安いアジアの国へ留学するのも一つの選択肢です。

私が住むマレーシアにもたくさんのインターナショナルスクール、語学学校、大学があります。

英語圏の学校と比べると学費は半分ほど。生活費も安く暮らそうと思えば学生一人なら家賃も入れて10万円以下で十分生活することができます。

東南アジアでも英語を話す国はたくさんありますし、大学は英語圏の大学の姉妹校や提携校があるのでそこで勉強すると英語圏の大学の卒業資格を取ることができます。

少しでも安く留学しようと思う人に東南アジアはかなりおすすめです!
東南アジアの留学についてはこちらの記事でご紹介しています。
【海外へ大学留学したい人向け】日本人にアジアの大学をおすすめする理由

【留学体験者より】留学費用の目安と安い留学方法のおすすめをご紹介!のまとめ

留学するにはかなりまとまった費用が必要です。

娘が留学したので間違いなくいえますが、オーストラリアの大学へ正規留学するには1,000万円近くかかります!

でも費用の高いイギリスへ数年の語学留学をしても同じくらいかかることがあります。

だけど正規留学と語学留学では留学後の資格に大きな差がでます!
その後の就職やビザ取得にも大きな差が出ます!

にいな
にいな

留学に興味がある人はお金がないから語学留学にしようと決めるのではなく、きちんと目標を立て自分の目指すところで頑張って下さい!

もし安易に語学留学で1年行けばなんとか英語ができるんじゃないかと思っているなら、私は遊び気分の語学留学より日本でコーチング付きの徹底した英語学習を受ける方が意味があると思います。

タイトルとURLをコピーしました