【留学後の就職で失敗しない】オーストラリアは卒業生ビザで働ける!

この記事は約7分で読めます。

オーストラリア留学 仕事

オーストラリアの大学やSkilled Occupation List(SOL)と呼ばれる職業リストに記載されている職業に関連する2年以上のコースを修了すると卒業生ビザがもらえます。

これはオーストラリアへ留学する大きなメリットです

2019年11月に長女がオーストラリアの大学へ留学後、卒業生ビザを取得しオーストラリアで就職しました。
その時の経験から留学後の就職についてご紹介します。

留学後に現地で就職するにはビザが必要です。
海外で働く場合就労ビザを取得しますが、就労ビザは入社しないともらえません。

就労ビザが取れず、日本に帰って就職も見つからないと「留学に失敗した」となってしまいます。

しかしオーストラリアの卒業生ビザなら卒業しても一定期間オーストラリアに滞在でき仕事をすることが出来ます

その期間に会社に認められると就労ビザが取れたり、永住権を申請することが出来るんです!

そんな留学後の就職やオーストラリアの卒業生ビザについて、長女の経験から情報をシェアさせて頂きます。

留学後の就職について

留学後は学生ビザがなくなるので、そのまま就職したい場合就労ビザが必要になります。

就労ビザを取るには会社からのスポンサーが必要ですが、条件が厳しく費用や手間がかかるためよほど優れた人材でないと会社は全く経験のない新卒者に就労ビザを取ってくれません。

新卒で就労ビザを取ろうと思うと失敗するケースが多く、卒業生ビザのないイギリスやアメリカなどへ留学した人は留学後帰国を余儀なくされます。

また留学後日本に帰って就職する場合、留学中に就職活動することが難しいため新卒として就職活動ができません。

にいな
にいな

それなら留学後せめて数年は海外で就職してみたいと思いませんか?

その場合やはり卒業生ビザのあるオーストラリアが留学後の就職には有利になると思うのです。

卒業生ビザってどんなの?と思った方のために卒業生ビザについて詳しく説明させていただきます。

オーストラリアの卒業生ビザとは

オーストラリア留学 仕事

オーストラリアの卒業生ビザの正式名は『Temporary Graduate visa ? subclass485』です。
オーストラリア政府の公式サイトはこちら:
https://immi.homeaffairs.gov.au/visas/getting-a-visa/visa-listing/temporary-graduate-485/

オーストラリア卒業生ビザは2種類あります。

Graduate Work stream
Post-Study Work stream

この2種類は申請条件や滞在できる期間が違います。

専門学校の留学後にもらうGraduate Work stream

オーストラリアで2年以上のコースを修了した人が申請できるビザです。
主に専門学校(TAFE)を卒業した人が申請するビザです。

ただし特定の職業に関するコースを修了した人が対象となるため、それ以外のコースを受けた場合は卒業生ビザはもらえませんので留学後失敗したと後悔しないようよく調べることが大切です。

特定の職業はSkilled OccupationList(SOL)がオーストラリア政府から毎年発表されます。
職業は公式サイトで確認できますが、かなりややこしいし、毎年更新されます!
https://immi.homeaffairs.gov.au/visas/working-in-australia/skill-occupation-list

にいな
にいな

専門学校で専攻を決めるときはSOLリストから無くならないような職業のコースを選ぶことが大切です。

このビザを取得できると留学後18ヵ月オーストラリアに滞在することが出来ます。

Graduate Work streamの申請条件

・50歳以下
・オーストラリアに現在居住している
・学生ビザ(もしくはブリッジングビザと呼ばれる仮ビザ)がある
・職業リストのコースを修了
・英語能力試験
(IELTSの全科目スコア平均6.0以上・TOEFL iBTスコア合計が64以上・PTE Academic全科目のスコア平均が50以上・OET各科目で最低B・Cambridge C1 Advancedtest全科目のスコア平均が169以上)

大学・大学院の留学後にもらうPost-Study Work stream

こちらは大学や大学院で正規のBachelor(学士)以上のDegree(学位)を取得した人が申請できるビザです。

このビザは特にコースの指定もなく職業リストも関係ありませんが、2011年11月5日以降に初めてオーストラリアの学生ビザを取得した人しか申請できません。それ以前に学生ビザを申請した人は対象外となってしまいます。

このビザは留学後最大4年間オーストラリアに滞在することが出来ます。

Post-Study Work streamの申請条件

・50歳以下
・オーストラリアに現在居住している
・学生ビザ(もしくはブリッジングビザと呼ばれる仮ビザ)がある
・大学を卒業
・英語能力試験
(IELTSの全科目スコア平均6.0以上・TOEFL iBTスコア合計が64以上・PTE Academic全科目のスコア平均が50以上・OET各科目で最低B・Cambridge C1 Advancedtest全科目のスコア平均が169以上)

卒業生ビザはオンラインで自分で申請することができます。
しかし申請は1回のみ、書類不備などで却下された場合弁護士に頼んでアピールが必要なります。ややこしいそうなので、うちはビザエージェントにお願いしました。

オーストラリアの卒業生ビザを取得

長女が取った卒業生ビザはこちらです。
485が卒業生ビザの番号です。

オーストラリア 卒業生ビザ

自分で申請するつもりでしたが、かなりややこしそうです。
就職も決まり働きだすと時間もなくなるので、やはりプロのエージェントに頼むことにしました。

そこでエージェントからのアドバイス!
『学生ビザが切れるギリギリに卒業生ビザを取る』

長女は3月に学生ビザが切れます。
せっかく就職が決まったのに学生ビザでは働けないと思ったのですぐに卒業生ビザに切り替える予定でしたが、エージェントから学生ビザが切れるギリギリがいいとアドバイス。

なぜなら学生ビザは学校のコース受講中は週20時間までしか働くことが出来ませんが、卒業していれば学生ビザでもフルで働けるからです。

なぜギリギリがいいかの理由は…

永住権取得に関係します。

うちの場合卒業生ビザの後は永住権を取得する予定です。
その永住権を申請するときのためにできるだけオーストラリアに長くいられるようなんらかのビザを持っている方が有利になるのです。

長女の場合3月の学生ビザが切れるギリギリで申請し5月7日にビザが発行されました。
卒業生ビザは2年間有効なので2022年の5月7日までオーストラリアに滞在できます。

永住権がなかなか取れなかった時のためにビザの有効期限は出来るだけ延ばすよう卒業生ビザは学生ビザが切れるギリギリに取った方がいいですよというのがエージェントのアドバイスでした。

さすがプロ…

卒業生ビザに必要な費用

卒業生ビザを取るために長女が使った費用はこちらです。

  • VISA代:A$1,671.78
  • 保険(1年分):A$1,320
  • 健康診断:A$322.79
  • 英語資格(PTE):A$340
  • 犯罪経歴証明書:A$45
  • エージェントのビザ代行費:RM5,000 (マレーシアのエージェント)

ビザにかかる費用は約30万円。
エージェントの代行費は14万円ほどでした。

にいな
にいな

オーストラリア留学は本当にお金がかかります…

【留学後の就職で失敗しない】オーストラリアは卒業生ビザで働ける!のまとめ

オーストラリア留学は費用がかなりかかります。
それでも留学するメリットはたくさんあると思います。

そんなオーストラリア留学のメリットはこちらの記事で紹介しています。
【南オーストラリア大学生の体験談】オーストラリア留学のメリット・デメリット

高い授業料を払ったのに卒業後ビザが取れず帰国を余儀なくされ失敗したとならないよう、海外留学を考えている人は、くどいようですが卒業後のビザのことをしっかり調べた方がいいですよ!

そしてそういう詳しい情報はプロに相談するのが一番です。
長女もそうでしたが、留学を考えたらまずはエージェントに相談ですね。

うちはマレーシア在住なのでマレーシアのエージェントに依頼しましたが、日本にもいくつか留学エージェントがあります。

どこのエージェントがいいか分からない場合はこちらのエージェントが学校側からもらう紹介料で運営していて、相談者からは紹介料を取らないので気軽に聞けますよ!
ネスグローバル

オーストラリア留学に興味を持った方はこちらの記事で留学情報を詳しく説明しています。

タイトルとURLをコピーしました